ワインコレクション共有WebサービスWineFile

ワインコレクション共有WebサービスWineFile

カベルネ・ソーヴィニョン50%/メルロー50%原料のフランス産辛口赤ワイン「ラ・ドモワゼル・ド・ソシアンド・マレ(La Demoiselle de Sociando Mallet)」from ワインコレクション共有WebサービスWineFile

ワイン名

ラ・ドモワゼル・ド・ソシアンド・マレ

La Demoiselle de Sociando Mallet

生産国

フランス

生産年

2008年

テイスト

辛口

ボディ

フルボディ

価格

3,000円

評価

★★★★☆

生産地域

ボルドー

生産者

シャトー・ソシアンド・マレ

格付け

A.O.C.オー・メドック

品種

カベルネ・ソーヴィニョン50%/メルロー50%

色調

ラズベリーレッド

香り

カシス/樽香/ブラックベリー

清澄度

澄んだ

濃淡

濃い

粘性

やや強い

香りの強さ

開いている

アタック

やや強い

酸味

やや穏やか

果実味

やや穏やか

タンニン

やや豊か

複雑性

やや複雑

若さ

やや熟成した

余韻

やや長い

メモ

ソシアンド・マレのセカンドワイン
*ショップ商品説明引用*
ファーストラベルのソシアンド・マレはメドック格付けに入っていませんが、その味わいはフランス本国のワイン愛好家から格付けと同等の高い評価を得る程の実力シャトー。

自国の消費量が高く、毎年日本に入ってくるのはわずかという、知る人ぞ知る人気商品。もし今後格付けの見直しがあれば、必ず3級以上に名を連ねると言われています。

格付け第5級の配下に位置するクリュ・ブルジョア級の中では、秀逸の実力を持ち合わせいる事は間違いないものの、2013年以降クリュ・ブルジョワの地位を自ら返上。

現在は、ただ自らのシャトーを名乗る、格付け未分類の造り手へと戻っています。

17世紀にシャトーを所有していたソシアンド氏と、19世紀半ばに土地を購入したマダム・マレ氏の魂をしっかりと受け継ぎ、ソシアンド・マレの名を長年守り続ける造り手です。

投稿日

2018年8月24日

投稿者

master

Yahooショッピングで検索

楽天市場で検索

Amazonで検索

0いいね